はたっちの!

アクセスカウンタ

zoom RSS NBOXにポチガーを付けました 取り付け編

<<   作成日時 : 2017/02/06 08:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

NBOXにポチガーを付けました ドアハンドル取り外し編
http://hatch.at.webry.info/201702/article_1.html
NBOXにポチガーを付けました ドアハンドル加工編
http://hatch.at.webry.info/201702/article_2.html

つづきです。いよいよ取り付け!
一週間アウタードアハンドル無しで流石に不便だったようです。
手際よく内張りを剥がします。
画像

今回は配線通しなどあるので、ブチルゴムでベトベトになってしまうかもしれませんので、ラップで養生しておきます。

内側からハンドル取り付けの穴をマスキングテープで塞ぎ、
画像

リューターのダイヤモンドカッターでスパッと切断します!
画像

ここにちょうど、スイッチ&配線が入るんですね〜。

マスキングテープを裏から貼ったのは、切り粉が錆びやすく、ドア内部に落ちると厄介なのでその防止のためです。
切り口はタッチペンで錆止めします〜。
タッチペンの乾燥時間も考慮して片側づつ交互にやっていきます〜
乾燥したらドアハンドルの取り付けです!配線も一緒に通していきます〜
画像

ちなみに定電流ダイオードは画像の黄色いテープ部分にあり、焼けたりした時にすぐわかるようにしています。
外側からはいい感じ♪
画像

ドア開閉機構とのロッドも忘れずに取り付けます。
画像


ここからは配線です。
画像

電動スライドドアのコントロールボックスの端子がいっぱいある方(36ピン)から配線します。

配線方法は「みんカラ」の「うな丼」さんのところを参考に配線しました。
http://minkara.carview.co.jp/userid/271680/car/1034712/1881667/note.aspx
非常にわかりやすい配線図をありがとうございました。
この場でお礼申し上げます。
一応画像の著作権とかもあるので、ここでは画像を載せません。上のリンクから是非ご覧ください。
運転席側
ポチガーLED+線 → 36ピン黄色常時12V
ポチガースイッチその1 → 10ピン黄色 運転席リモコン開 + 33ピン白色ハンドルスイッチ閉
ポチガースイッチその2 → 17ピン茶色 スライドドアコントロール線
助手席側
ポチガーLED+線 → 36ピン黄色常時12V
ポチガースイッチその1 → 10ピン黄色 運転席リモコン開 + 33ピン白色ハンドルスイッチ閉
ポチガースイッチその2 → 17ピン灰色 スライドドアコントロール線

です。
運転席リモコン開 の線とハンドルスイッチ閉 の線をつなげちゃっていますが、どちらのスイッチを押しても、スライドドアの位置センサーに判断を委ねて開け閉めするってことらしいです。

LEDマイナスは、どうしてもルームランプ連動にしたかったので、後述します。

NBOXキーレスでミラー格納キットの取り付けのときもそうでしたが、エレクトロタップ、いわゆるワンタッチコネクターを信用していないので、突き合わせ接続子+収縮チューブで配線していきます。
画像

画像

断然キレイですね。

常時電源のケーブルを扱うので、バッテリーは外したほうが良いですが、僕はそのままでボディに当たらないように気をつけて作業しました。
良い子は真似すんなよ!

で、LEDマイナス線の結線はルームランプ連動とします。
上記うな丼さんの様にドアアンロックで点灯としても良かったのですが、自宅敷地内で荷物の出し入れしたりする際にアンロックで長時間そのままにする機会が何度かあるので、できればルームランプ連動のほうがいいかな〜ということで、わざわざ茨の道を選びます。
というのも、スライドドアにはカーテシランプも無く、ルームランプ連動線が無いので、えんやこらと引き込まなくてはなりません。

まずはうまく引き込めるか確認してみます。
後部座席のステップを外し、
画像

スライドドアとつながっている部分(何ていうの?これ)を10mmのレンチで外します。
画像

嵌め合わさっているツメをマイナスドライバーでこじ開け、パッカンします。
画像

チューブへの入り口が出てきました。
画像

ここに配線ガイドを使って反対側まで出るか試しますが、途中で詰まってしまいます。

配線ガイドってのはこいつね。針金ハンガーでもいいけど、使いやすいです。

エーモン 配線ガイド(フレックスタイプ) 全長約1m 1161
エーモン工業(amonkogyo)
2012-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エーモン 配線ガイド(フレックスタイプ) 全長約1m 1161 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



そこで、スライドドア側の配線部分も外します!
画像

同じくツメをこじ開けパッカンすると、こんな感じで板バネでテンションが掛かるようになっていました。
ピンぼけすまん
画像

一度まっすぐにしてから配線ガイドを通し、LEDのマイナス側の線を通します。
画像

で、元通りに戻して、LEDマイナス線が室内まで持ってこれました。
画像


ルームランプのマイナスコントロール線は、運転席Aピラーをバコッと開け、
画像

コルゲートチューブの中から線を引き出します。
画像

この灰色線がルームランプのマイナスコントロール線ですので、分岐します。

画像


あ!エレクトロタップ使ってる!

だいぶ疲れてきました&体勢が窮屈でやりにくいので手抜きしました(汗)
まぁ、すぐにアクセスできるところだし、断線しても機能に影響はないしいいかな(てきとー)

ホントは黒か灰色のケーブルが良かったのですが、手持ちが黄色しかなかったので、黄色で配線していきます。

運転席下を通して〜
画像

後部座席の足元を助手席側まで伸ばします
画像

後部座席の運転席側はまたもやワンタッチコネクターで分岐w
画像

助手席側は末端なので、突き合わせ接続子で接続しました。

点灯テスト!
助手席側!
画像

運転席側!
画像

ん?点かない?

やはりワンタッチコネクターの接触不良でした・・・
これだからまったくもう!
接続し直して無事点灯!

動作も良好です!
https://www.youtube.com/watch?v=hEFLg8ZxjgM


ドアのロックを忘れていてもルームランプが消えるタイミング(30秒位?)で、ポチガーのLEDも消えてくれます。

家族の評判も上々で、子供たちは我先に押したがります。すぐに飽きると思うけど。
使いやすなって喜ばれる&自分の趣味もできる&部品代は家計からwという一石三鳥のDIYでした。

実際の部品代はスイッチ2個+定電流ダイオード+配線で2000円未満でした。
作業時間はドアハンドル取り外し、ハンドル加工、取り付け、ルームランプ連動線引き込み諸々で6時間位でした。
写真を取りながらというのもありましたが、ドアロック、アンロックでLEDの点灯にしていれば4時間位でできそうですね。

ドアハンドルやドアそのものに加工は嫌って人は、運転席、助手席のキーレススイッチでスライドドアを開くキットもあるようです。こっちのほうがスッキリや〜ん。


N-BOX専用 ワンタッチスライドドアキット Ver3.0
コムエンタープライズ
■N-BOX専用 ワンタッチスライドドアキットです。 ■リクエストスイッチが電動スライドドア開閉スイ


楽天市場 by N-BOX専用 ワンタッチスライドドアキット Ver3.0 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



N-BOX専用 ワンタッチスライドドアキット
コムエンタープライズ(CEP)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by N-BOX専用 ワンタッチスライドドアキット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NBOXにポチガーを付けました 取り付け編 はたっちの!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる